理数男子のつぶやき

某大学に通っている理数男子が語ったり語らなかったり。ブログはあくまで個人の未熟な発言からできているのであしからず。

数学科ってどうなん?[第1回]

 

数学科ってどうなん?[第1回] 2019/05/19(日)

[  第1回…数学科入試 (大学入学前~まで)  ] 

>>前回までのあらすじ<<

数学科の入学を考え、あれこれ情報を得ようとするが、情報量が圧倒的に足らずふわふわしながら入試の沼に落ちていく...

 

1.数学科入学を決めた最後の決め手

オープンキャンパスなどを経て、

なんとな~く受験勉強を始めた高2の夏から月日がたち、私は高3の夏休みについに志望校を本格的に決めることになりました。

まぁ結局数学科を志望する訳ですが、理由は意外とシンプルで、

(二次の)受験科目が数学しかねぇじゃん!!!*1

これに尽きると思います。

そもそも、数学というものは

基本的に「1問100点」とかいう大博打大逆転教科であるわけです 。

例)富山大数学科の2019年度の配点...

f:id:unya_unya2:20190519112440p:plain

センターと2次が同等。さすが数学。

なんだこの逆転次第...

 

そういう誘惑を携えて自分は数学科の沼に入り始める...

 

2.いざ入試

...といいながら、前期はちょっとお高めの偏差値だったので4教科受験したわけですが...

普通に数学で撃沈

見たことがない証明、訳の分からない計算...

普通に負けましたの気持ち...

 

そして後期。

まず私が思ったのは「えっ...人がいねぇ...」

10人中5人しかいない圧倒的空席率、そしてその広い空間の中で歩き回る多くの試験官...

そして、ここが不合格だったら現実味を増してくる

「浪人」という2文字ー

緊張感がやばい中、とくに問題なく数学がとけましたとさ。

 

ともあれ数学科に後期合格。

後期合格は引越しの準備とか、

数学科に入る覚悟する時間とかほしかったのですが、

なんにせよ1週間くらいしかなく、

めっちゃ短いなぁ~~~と感じながら進むのでした...

 

3.いざ大学へ

ひとまず思ったのは

「大学ってでけぇ...」

自分が進んだのは総合大学だったので、

いろんな学部学科の人と出会い、

青春できるんだろうなぁ~と期待をし

(たいという幻覚が見え)ました。

 

そして、初回講義(線形代数だったか...)、

私は脅威の光景を見る...

第2回は、大学の初回講義から。

*1:※あくまで地方国公立レベルなら。それ以上はどの学部でも数学、理科、英語はいるよなぁ...