理数男子のつぶやき

某大学に通っている理数男子が語ったり語らなかったり。ブログはあくまで個人の未熟な発言からできているのであしからず。

数学科ってどうなん?[第2回]


[第2回] 数学科の雰囲気(~初回講義~)

 

中間考査などが被ってしまい、

早速遅れてしまいました。

三日坊主じゃねぇか...

 

前回までのあらすじ

ついに受験に受かり、満を持して数学科の学生として大学入学を果たしたぷれ。

期待と夢を胸に大学に向かったが、待っていたのは異様な光景だった...

 

1.異様な空気

私の数学科の最初の講義は線形代数

最初は視力がちょっと悪かったので、私は前の方の席に座っていました。

「どんな人がいるんだろうな~」と思って後ろを振り向いたら...

 

ウェイと陰キャがいるじゃねぇか。

しかも面白いことに、前に陰キャで後ろにウェイ。

 

数学科ってすごく変態の陰キャばっかと思ってたのですが、まさか半数に及ぶほど陽キャがいるんですよ!!!びっくり!!!

 

なぜそうなのか、という考察をば。

①(勉強量については)どちゃくそ楽な学科だから

数学科は、原則的に講義形式でテスト一発(二発)勝負。

よって、徹夜で前日に定義とか詰め込めば行けるんです。

(定義さえわかっていれば解ける問題が多いし)

毎週課されるレポートは授業によってあるものの、

(勉強しようという意思がなければ)テスト前を除いて勉強しなくても単位が取れてしまう、という現状は確かにあります。

…ひでぇな。

 

②レポートは写し放題

数学科における「レポート」とは、「数学の問題を解く」というものです。

いわば高校の計算ドリルみたいなやつですね。

レポートの意義としては、教員に対して「自分で理解をしているぞ!!」と示すためのものであるはずなんですが、

「数学的に正しければなんでも許される」

という性質があるので、例えば「Aの逆行列を求めよ」という問題があった時、

被約階段行列を計算して求める方法もあるのですが、

計算ツールとかを使って答えをあらかじめ出した後に、いきなり

逆行列はBである、なぜならAB=EnでありBA=Enであるからだ」

という示し方をしてもレポートとしても正しい回答になるのです。

よって、レポートの写し作業が横行しているのが現状だと思います。。。

 

2.講義の雰囲気

いざ講義が始まったと思えば、瞬く間に埋まっていく6枚の黒板―

そりゃ大講義室なので文字が大きいので、1枚の黒板にかける文字が少ないからという理由なんですが、ちょっと寝ると完全においてかれるので下手に油断ならないです。

しかも文字が崩れてて読みにくく、今までの学校みたいに完成された板書ではない...(一応カンペはあるらしいですが)

しかも、質問をしない限り教員はずーーっと黒板と対話している感じですから、こっちの理解をあんま確かめずにやっている印象でした。

 

f:id:unya_unya2:20190601074507j:plain

線形代数第1講のノート

2年になった今振り返ると、1年のしょっぱなに体論やってたって震えるなこれ…

 

ということで、いろいろわからな過ぎて第1講は口をぽかーんと開けていた記憶です。

 

 

数学科ってすげぇ…

 

 

第3回は大学数学についての予定です。

まだ幾何と代数の中間テストがあるので遅くなるかも…

それではまた。